2021年1月26日

中国、鋼材市況調整安続く 熱延コイル2週続落

 【上海支局】中国の鋼材市況は年明け、調整安が続いている。熱延コイルは先週末に上海地区でトン4550元(約7万3000円、増値税込)と2週連続合計150元下落。冬場の建設の不需要期に新型コロナウイルス感染の再拡大で需要が建設分野中心に減少している。2月中旬の春節(旧正月)連休前は軟調な地合いが続く見通しだが、政府の景気対策を受けて需要が上向き、市況の基調が強含む可能性がある。

おすすめ記事(一部広告含む)