2021年1月26日

ヒロセと鹿島、新工法開発 仮設桟橋を急速施工

重仮設リース大手のヒロセ(本社=東京都江東区、平野精一社長)は26日、鹿島と共同で工事用仮設桟橋の急速施工を可能とする「トライピア工法」を開発したと発表した。仮設桟橋の設置にかかる工期やコストの低減、作業時の安全性向上につなげている。

おすすめ記事(一部広告含む)