2021年1月27日

コベルコ建機、次期中計でICT促進 電動化など環境技術強化

コベルコ建機(尾上善則社長)は2021年度開始の5カ年の次期中期経営計画を念頭にICT(情報通信技術)推進と建機の電動化など新たな環境技術の強化に取り組む。遠隔操作のK―DIVECONCEPT(ケイダイブ・コンセプト)の実用化や顧客・市場と稼働建機とをつなぐことでの提供価値向上、社内の業務改革を進める。環境技術としてエンジンに代わる動力源を利用した製品開発に注力する。変化に強い事業体質を構築し、業務効率化によって創出した時間を高付加価値業務に充て、構造改革につなげる。

おすすめ記事(一部広告含む)