2021年2月15日

溶接鋼管3社まだら模様、海外事業の地域差影響 4―12月期決算

 溶接鋼管専業上場3社の2020年4―12月期連結決算が12日出そろい、丸一鋼管が増収増益、モリ工業は減収減益、新家工業は減収で最終増益となった。新型コロナウイルス禍で国内の住宅・建築着工件数減少や自動車生産の前年対比での減少など主要部門の鈍化や、海外事業の地域差などが影響した。

おすすめ記事(一部広告含む)