2022年1月31日

4―12月期決算 大同特殊鋼が最高益 36%増収

 大同特殊鋼が31日発表した2021年4―12月期の連結決算は、売上高が前年同期比36%の増収。利益面では経常利益が同7・6倍となるなど、各利益段階とも大幅な増益となり、同累計期間で過去最高となった。自動車部品や産業機械、半導体など幅広い分野での需要拡大、製品価格の上昇などが背景。

おすすめ記事(一部広告含む)