2021年3月8日

日本製鉄、製品設備休止・再編 形鋼生産を西日本に集約 薄板事業、複数のライン休止

 日本製鉄は5日、最適生産体制に向けた設備休止を伴う製品の生産再編・構造改革を発表した。  厚板事業は東日本製鉄所・鹿島地区の厚板ミルを2024年度下期をめどに休止する。油井管需要の減少で、すでに厚板の2次ミルの位置付けの同地区のUO鋼管ラインを19年10月に休止している。休止公表済みの名古屋・厚板ミルに続くもので、これにより厚板は造船向けを軸にした九州・大分地区と、建材・橋梁向けを軸にした東日本製鉄所・君津の2拠点に集約する。特殊鋼鋼板の製造に必要な大単重スラブは、名古屋から君津・大分の両拠点に供給するものとみられる。

おすすめ記事(一部広告含む)