2021年7月6日

日本製鉄、炭素鋼鋼管1万円値上げ 9月製造分から

 日本製鉄は5日、国内店売り向け炭素鋼鋼管(溶接管・シームレス管)の全品種について、9月製造分から現行価格比トン1万円引き上げると発表し、このほど流通各社に申し入れを開始した。製造業分野では自動車、建機に加え造船向けで下期にかけ鋼材需要が増加する見通し。建築分野でも、下期には都市圏で大型再開発案件が始動するなど、需要全体に明るさが見えている。同社鋼管営業部では安定供給・再生産を維持するためにはさらなる値上げが不可避であると判断し、再値上げに踏み切る。副資材のコスト上昇を受け、一部の品種においてはさらなる個別値上げも実施する。

おすすめ記事(一部広告含む)