2021年3月11日

ときわ会在庫2月末 H形5.3%増19万8700トン

 日本製鉄によると、形鋼扱い流通で構成する「ときわ会」のH形鋼の2月末在庫量は前月比5・3%増の19万8700トンとなった。6カ月連続で増加し、不需要期に伴う荷動き低迷が影響した。11カ月ぶりに19万トン台となったが「在庫の絶対値は過剰ではない」(建材営業部)と認識。3月は稼働日数が増えるほか、徐々に不需要期を脱し「出庫は今をボトムに回復する。流通の慎重な申込姿勢も継続しており、在庫の増勢は止まる」(同)との見通しを示した。

おすすめ記事(一部広告含む)