2021年3月22日

薄板市況、東西で上昇 3カ月連続 昨秋から2万円

 国内薄板市況は需給ひっ迫を背景に東西で続伸した。東西での上昇は3カ月連続。昨秋以降の上昇幅はトン当たり2万円前後に到達し、なお上値をうかがう展開となっている。鉄鋼メーカーの一部で生産・出荷のトラブルが発生したこともあり、店売り向けの供給体制はいまだ正常化しておらず、ナイモノ高による上昇相場は新年度以降も続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)