2021年4月6日

新星工業、ステンレス鋼線強化 23年度、生産量30%増へ

 特殊線材二次加工メーカーの新星工業(本社=名古屋市、浜田伸吾社長)は、2023年度(24年3月期)をめどにステンレス鋼線の生産量を、現行に対し30%増やす。ステンレス鋼線は、自動車の排気系センサー向けを中心に需要が拡大しており、排ガス規制の強化も追い風に主力製品として増産体制の確立を進める。

おすすめ記事(一部広告含む)