2021年4月8日

スチールプランテック 水平予熱型の新炉開発

製鉄プラントエンジニアリングメーカーのスチールプランテック(本社=横浜市、灘信之社長)は8日、主力商品の環境調和型高効率アーク炉「ECOARC」(エコアーク)のラインアップを拡充、第3のタイプとしてスクラップ予熱を水平タイプにしたエコアーク・フィット(FIT)を開発した、と発表した。これまでスクラップ予熱は縦型タイプだけだったが、水平タイプとすることで、課題だった工場スペースやクレーン制約に対しても柔軟に対応することができる。

おすすめ記事(一部広告含む)