2021年4月12日

関東流通 平・角鋼唱え3000円上げ 採算改善の動き強める

関東地区の平鋼流通大手は今月帳端明けから平・角鋼の唱え価格を前月比でトン3000円引き上げる。流通はこれまでのメーカー値上げ分が転嫁が大幅未達となっているほか、既に値上げ玉への入れ替えが進み、採算を圧迫し始めている。今回の値上げは通過点と認識し、将来的な追加値上げを視野に入れている。

おすすめ記事(一部広告含む)