2021年4月20日

関東形鋼市況ジリ高 8万円半ば目指す展開

 関東地区の形鋼市況はジリ高で推移している。H形鋼市況は前月比でトン1000円、山形鋼や溝形鋼など一般形鋼市況は2000―3000円方上伸した。在庫流通はメーカーの値上げ後の製品が続々と入庫し、採算を圧迫し始めている。中小建築の需要低迷が相場の重荷となっているが、流通の採算悪化への危機感が強く、価格転嫁の一部が浸透した。

おすすめ記事(一部広告含む)