2021年4月12日

ワイヤーテクノ 線材二次製品値上げ 5月帳端出荷から、1万円以上

線材製品大手のワイヤーテクノ(本社=大阪市鶴見区、松本満寿夫社長)は、普通鉄線や針金など線材二次製品全般を、5月帳端出荷分からトン当たり1万円以上追加値上げする。度重なる線材価格の引き上げを背景に製品価格への転嫁を進め、「最低、累計で2万5000円の値上げを目指す」(同社)方針。

おすすめ記事(一部広告含む)