2021年4月27日

日立金属 前3月期 調整後営業赤字49億円 売上収益13%減

 日立金属が26日に発表した2021年3月期の連結決算(国際会計基準)は売上収益が、前期比13・6%減の7616億1500万円となり、調整後営業損益は49億7700万円に赤字転落(前期は143億8300万円の利益)となった。売上収益の減少などが影響したもので、営業損益は492億1300万円の損失(同391億2600万円の損失)、当期損益は505億8800万円の損失(同406億1400万円の損失)。未定だった1株当たりの年間配当金は無配(前期は26円)とした。

おすすめ記事(一部広告含む)