2021年5月25日

日本製鉄など技術開発に着手 海藻を高炉炭素源に活用

日本製鉄、日鉄ケミカル&マテリアル、金属系材料研究開発センター(JRCM)は25日、共同で進める「マリンバイオマスの多角的製鉄利用に資する技術開発」が新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「先導研究プログラム/エネルギー・環境新技術先導研究プログラム/ブルーカーボン(海洋生態系による炭素貯留)追及を目指したサプライチェーン構築に係る技術開発」に採択されたと発表した。臨海製鉄所の地の利を生かし、カーボンニュートラル材のマリンバイオマス(海藻)を生産、製鉄プロセスの中で利用する「バイオマスの地産地消」の新たなサプライチェーンの構築を目指す。高炉に投入する炭材などに代替使用、実用化されると2050年ごろにはCO2を約100万トン削減できる。

おすすめ記事(一部広告含む)