2022年1月11日

水素製鉄開発、今春に始動 NEDO4案件採択

日本製鉄、JFEスチール、神戸製鋼所、金属系材料研究開発センター(JRCM)は7日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)がグリーンイノベーション基金事業で公募した製鉄プロセスの水素活用プロジェクトに、共同提案の4案件が12月24日に採択されたと発表した。10年間、予算総額1935億円の事業を通じて、2030年までに製鉄プロセスからの二酸化炭素(CO2)排出量の50%以上を削減できる技術を開発する。契約手続きを経て今春スタートし、ゼロカーボン・スチールの技術開発に挑戦する。

おすすめ記事(一部広告含む)