2021年5月26日

中山製鋼所6契値上げ 鋼板2万円、棒・線1万円

中山製鋼所は、6月契約分から鋼板製品全品種(厚板・NP・レベラーシート・縞板)の販売価格を店売り・ひも付き向けともトン当たり2万円引き上げる。同じく6月契約分から棒鋼・線材も全品種トン1万円値上げする。電炉主原料の鉄スクラップやスラブ・ビレットなど半製品価格が高騰し、「自助努力では吸収可能なレベルにない」(同社)として製品価格への転嫁を一段と進める必要があると判断した。

おすすめ記事(一部広告含む)