2021年5月31日

大和鋼管、全種1万円値上げ 昨秋から計4万円超

 溶融亜鉛めっき鋼管専業メーカーの大和鋼管工業(本社=栃木県さくら市、中村慎市郎社長)は単管パイプ(足場管)およびめっき鋼管、カラー鋼管など全品種について、6月出荷分からトン当たり1万円引き上げる。昨年秋から5月出荷までに累計3万円以上を値上げしたが「母材である熱延コイルは昨年から6月まで仕入れ先メーカーが累計値上げ幅で4万円以上引き上げており、自助努力ではコスト増をカバーしきれない」(同社)として、同1万円の追加値上げに踏み切る。

おすすめ記事(一部広告含む)