2020年7月13日

大和鋼管工業、白サビ予防相談開始 他社製品にも対応

 溶融亜鉛めっき鋼管専業メーカーの大和鋼管工業(本社=栃木県さくら市、中村慎市郎社長)は、鋼管製品の白サビ防止対策として7月から予防相談を開始した。湿気が多くなる時期に、めっき鋼管製品の品質管理を目的としており、同社製品だけでなく、他社製品についても品質保証部と各拠点の営業社員がリモートなどで相談を受け付ける。メーカーが需要家に直接の相談窓口を設け、顧客サービスを行うのは珍しく、新たな取り組みとして注目される。

おすすめ記事(一部広告含む)