2021年6月1日

宮崎エンジ、大同興業と販売契約 STC炉付帯設備拡販へ

 宮崎精鋼グループ企業で、冷間圧造用鋼線や磨棒鋼生産の付帯設備などの設計製作を手掛ける宮崎エンジニアリング(本社=名古屋市中川区、鈴木和直社長)はこのほど、大同興業(名古屋市東区)との間で、同社商品群におけるステム装入搬出装置の販売契約を結んだ。大同興業が擁する、大同特殊鋼製STC炉の販売ネットワークで付帯設備となるステム装入搬出装置の販売増を図っていく。

おすすめ記事(一部広告含む)