2021年6月22日

中央鋼材 7月初旬 H・一般形販価5000円上げ 9.5万円浸透目指す

 関東地区の大手流通、中央鋼材(本社=東京都中央区、後藤信三社長)は今週からH形鋼および山形鋼・溝形鋼など一般形鋼の再販売価格をトン5000円引き上げる。7月初旬にもマーケットに浸透させたい考え。H形鋼のサイズエキストラについては、メーカーの改定を受けて7月販売分から同2000円引き上げる。H350×350をトン4000円、H400×400を同7000円とする。

おすすめ記事(一部広告含む)