2021年7月6日

大阪薄板市況 表面処理鋼板8000円高

 大阪地区の薄板市況は、表面処理鋼板でトン当たり8000円続伸し、電気亜鉛めっき・熱延(1・6ミリ/2・3ミリ)が同13万5000円中心となった。大阪地区では7カ月連続の上昇。電気亜鉛めっき鋼板の在庫不足によるナイモノ高が要因とみられ、流通各社が手当てに苦労している。

おすすめ記事(一部広告含む)