2021年8月2日

鉄流懇会長 鋼材市場「確実に回復」

 鉄鋼流通問題懇談会(会長=●本直政・JFEスチール専務執行役員)は29日、オンラインで定例会合を開催した。会合後の会見で¥文字(C-15393)本会長は鋼材市場について「前回4月の会合時と比べ、確実に回復している。ペースが遅かった建築、厚板も需要、在庫、市況と改善の方向に向かっている。建築は前倒し案件も出ており、秋以降、明るい話も散見される」と述べ、新型コロナウイルス禍で落ち込んだ鋼材需要が持ち直していることを強調した。粗鋼生産は本年度上期に4900万トンレベルに回復する見通しで「年間1億トンは微妙だが、戻ってきている」と分析。一方で「コロナ禍での特需があるのかを見極める必要がある」との見方も示した。(●は橋の異体字)

おすすめ記事(一部広告含む)