2021年8月3日

日本製鉄、6000億円に上振れ 通期事業利益最高見通し

日本製鉄は3日、2022年3月期の連結事業利益予想を6000億円と前回予想の4500億円から上方修正したと発表した。鋼材販売価格の是正が進み、グループ会社の損益も好転することで前期の1100億円からV字回復を図り、12年の統合後の最高益(15年3月期4713億円)を大きく凌駕する見込みだ。単独営業利益(在庫評価差除く)予想は2000億円と前回予想から400億円上方に修正した。生産設備構造対策を着実に実行し、販価の改善を続けて収益力を上げ、海外事業やゼロカーボン・スチールなどへの戦略投資を進める構えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)