2021年8月6日

鉄リ工業会 H2・新断の輸出価格差

日本鉄リサイクル工業会はこのほど発表した市況報告で、7月を振り返り、「国内鉄スクラップ相場は高値修正局面を迎え、東日本や中部地区を中心にトン当たり500―1500円反落した。月末のH2炉前価格は関西が同5万500―5万1500円と5万円台を保った一方、関東は同4万8500―4万9500円に下落し、東西格差が目立ち始めている」と述べた。

おすすめ記事(一部広告含む)