2021年8月11日

全国CC出荷 3カ月ぶり増130万トン 6月、19年比では3%減

全国コイルセンター工業組合(理事長=小河通治・小河商店社長)がまとめた流通調査結果によると、6月の出荷量は前月比21・8%増の130万2701トンとなり、3カ月ぶりに増加した。前年同月比では39・1%増となったが、新型コロナウイルス感染拡大前の一昨年同月との比較では3・0%減となり、6月としては前月同様、過去10年で2番目の低さ。新型コロナウイルス禍による建築需要の低迷や半導体不足による自動車の減産などが響いた。

おすすめ記事(一部広告含む)