2020年9月4日

CC7月出荷 111万トン、2割超減続く

全国コイルセンター工業組合(理事長=小河通治・小河商店社長)がまとめた流通調査結果によると、7月のコイルセンター出荷量は110万9512トンと前年同月比24・2%減少した。前月比は18・5%増と2カ月連続で増加したが、4月以降、前年比2割超の大幅減が続いており、上期中のV字回復は困難となってきた。

おすすめ記事(一部広告含む)