2021年8月13日

高炉3社、大幅に上方修正 今期利益、近年の最高水準

 高炉メーカー3社の2022年3月期の連結業績予想が12日に出そろい、いずれも上方に大きく修正した。日本製鉄は事業利益6000億円(前回予想4500億円)、JFEホールディングスは事業利益3500億円(2000億円)、神戸製鋼所は経常利益700億円(450億円)と各社近年の最高水準を見込む。鋼材需要の回復が続き、粗鋼生産を戻すとともに鋼材販売価格を是正。製造のコスト削減や高付加価値品への受注構成変更が寄与する。ひも付き向けの値上げに取り組み、製品開発や脱炭素への対応に向けて収益力を高める方向だ。

おすすめ記事(一部広告含む)