2021年9月7日

今治造船 LNG燃料船に注力 環境対応へ技術開発

今治造船(本社=愛媛県今治市、檜垣幸人社長)は新型コロナウイルス禍での低迷から脱する造船市場を見据え、ばら積み船、コンテナ船中心に受注を進める一方、GHG(温室効果ガス)排出削減の観点から新燃料船に注力、LNG燃料自動車運搬船、LNG燃料ばら積み船を拡大する。技術、製品開発ではLNG燃料タンクの内製化検討やGHG削減など環境規制の観点から新燃料船に注力。LNG燃料船のほか、アンモニア燃料船についても共同開発で2025年度にも実証船を建造、実用化を図る。





おすすめ記事(一部広告含む)