2021年10月8日

薄板3品在庫 14カ月ぶり400万トン超

8月末の国内向け薄板3品在庫(メーカー・問屋・全国コイルセンター工業組合の合計、速報値)は前月に比べ約21万1000トン増の409万5000トンとなり、昨年6月以来、14カ月ぶりに400万トンを超えた。鉄鋼メーカーと需要家の稼働日の相違という夏の季節要因で、例年8月は15万トン程度増加する傾向にあるが、半導体やワイヤハーネスの不足に加えて、新型コロナウイルスに起因する東南アジアなどからの部品供給の停滞による自動車減産が響いた。

おすすめ記事(一部広告含む)