2021年11月1日

日本冶金、経常益2.5倍 4―9月、高機能材堅調

日本冶金工業が29日に発表した2021年4―9月期連結決算は、経常利益が62億3900万円と前年同期比2・5倍となった。営業利益は同2・2倍の66億2300万円。堅調な設備投資に加え、個人消費の回復により需要は緩やかに回復したが、原材料コストの上昇が収益を圧迫した。高機能材は、中国で太陽光発電向け需要の拡大が続き、半導体製造設備向けや巣ごもり消費の拡大に伴う家電製品用シーズヒーター向けが堅調に推移した。

おすすめ記事(一部広告含む)