2021年11月26日

三菱商事RtMジャパン 社会課題軸に商流開拓 脱炭素など長期視点で

三菱商事RtMジャパンは脱炭素など社会課題を軸に新たな商流を開拓する方針だ。三菱商事の金属資源グループが鉄鋼原料、非鉄金属といった伝統的な商品軸から社会課題軸への対応を新たな戦略に掲げており、三菱商事RtMジャパンでは、低・脱炭素に向けた金属需要増など社会課題に対応する新たな商機をつかみ、取引拡大に加え、資源投資を含めたグループの事業に生かす。先物などのトレーディング技術、ノウハウを駆使して収益基盤を強化、変化への対応力も増しており、先進技術を持つ日本企業との関係もテコに将来に布石を打つ。

おすすめ記事(一部広告含む)