2021年11月30日

国内10月末 普通鋼在庫3カ月増 599万トン、需給緩和傾向

日本鉄鋼連盟が30日に発表した普通鋼鋼材需給速報によると10月末の国内向け鋼材在庫は598万9000トンと前月比2・1%増え、3カ月連続で増加した。前月より鋼材生産が減少したものの、在庫は積み上がった。前年同月比でも20・6%増と増加した。半導体・部品の調達難から自動車減産で需要鈍化も見られる中で、生産が減退し、需要回復傾向にも若干力強さが落ちているとも指摘される。在庫増が続いており、鉄源確保難による需給タイト化は緩和する方向にある。

おすすめ記事(一部広告含む)