2021年12月8日

JFEスチール 広州合弁の設備改造完了 車用めっき鋼板能力増強

JFEスチールが中国の宝山鋼鉄グループと合弁で事業運営する中国の自動車用鋼板製造拠点、広州JFE鋼板(GJSS)は設備の改造工事をこのほど終え、溶融亜鉛めっき鋼板(GA・GI)の供給能力を増強した。連続焼鈍設備(CAL)を冷延・溶融亜鉛めっき鋼板兼用製造ラインに改造し、溶融亜鉛めっき鋼板の生産能力を50%増の約120万トンに引き上げた。日系自動車など現地需要家の能力増強や拡大する高級鋼ニーズに対応し、事業の成長を図る方針だ。

おすすめ記事(一部広告含む)