2021年12月9日

徳田練磨、新出荷システム導入

 磨棒鋼・冷間圧造用(CH)鋼線メーカーの徳田練磨工作所(本社=埼玉県熊谷市、池田康一社長)は、来年2月に新たに出荷システムを導入する。新システムにより作業効率の向上や製品管理体制の強化を図る。投資金額は約800万円。

おすすめ記事(一部広告含む)