2020年10月15日

徳田練磨工作所 21年9月期、下期の販売回復目指す

 磨棒鋼・冷間圧造用(CH)鋼線メーカーの徳田練磨工作所(本社=埼玉県熊谷市、池田康一社長)は今期(2021年9月期)の下期に製品の販売量を新型コロナウイルスの感染拡大前の水準に回復させる目標だ。品質や納期など顧客対応力を強化し、顧客ニーズを的確に捉える。

おすすめ記事(一部広告含む)