2021年12月21日

流通3団体経産省ヒア 建設需要で増加傾向 1―3月、車生産は堅調

全国鉄鋼販売業連合会、全国コイルセンター工業組合、全国厚板シヤリング工業組合の鉄鋼流通3団体は20日までに経済産業省ヒアリングを行い、2021年度第4四半期(22年1―3月期)の需要見通しを報告した。建設は増加傾向と分析、第4四半期は中小案件は低調ながら大型案件は物流倉庫、データセンター以外に事務所、工場、倉庫などが出件、前年より良くなるとみている。自動車はトヨタ自動車が12月は7カ月ぶりに国内すべての工場・ラインを通常稼働に戻し、1―3月の挽回生産で日当たり1万5000台の高水準の生産計画見通しでおおむね堅調と予見。一方で造船、建・産機は堅調持続も半導体や部品・部材調達難の影響を指摘する。

おすすめ記事(一部広告含む)