2019年10月1日

流通3団体経産省ヒア 10―12月 車需要堅調 建設は盛り上がり欠く

全国鉄鋼販売業連合会、全国コイルセンター工業組合、全国厚板シヤリング工業組合の鉄鋼流通3団体は30日、経済産業省ヒアリングで2019年度第3四半期(19年10―12月期)の需要見通しを報告した。自動車はトヨタの生産が1日当たり9月1万4150台、10月1万3200台、11月1万3080台、12月1万2560台で堅調とみている。米中貿易摩擦、消費増税の影響で建・産機など製造業は減速。造船需要は前年度の350万トン程度。建設は土木が動きだしたが、端境期でボルト不足の影響も残り、大きな落ち込みはないものの、盛り上がりを欠くと分析。流通段階の価格転嫁は未達で、高炉、電炉の二極化を懸念材料に挙げた。

おすすめ記事(一部広告含む)