2021年12月23日

関東デーバー 1月契約異形棒鋼販価、2000円上げ9.8万円

 大手電炉メーカー、合同製鉄と朝日工業の異形棒鋼共同販売会社、関東デーバースチール(本社=東京都千代田区、山﨑晃生・合同製鉄専務取締役)は主原料・鉄スクラップ以外の各種コスト上昇を背景に、2022年1月1日契約分から、異形棒鋼の販売価格をトン当たり2000円引き上げ、同9万8000円にすることを決めた。

おすすめ記事(一部広告含む)