2022年2月21日

関東デーバー 異形棒10.3万円に値上げ コスト上昇受け、2月17日契約から

大手電炉メーカー、合同製鉄と朝日工業の異形棒鋼共同販売会社、関東デーバースチール(本社=東京都千代田区、山﨑晃生・合同製鉄専務取締役)は主原料・鉄スクラップ価格および各種コストの上昇を受けて、2月17日契約分から、異形棒鋼の販売価格をトン当たり10万3000円に引き上げた。同社は1月1日契約分から同9万8000円に販価を改定後、コストが急激かつ大幅に上がっている状況に対応して適正なメタルスプレッドを確保するため、2月15日契約分から2000円、17日契約分から3000円の合計トン5000円を追加で引き上げたことになる。
おすすめ記事(一部広告含む)