2022年1月18日

大同特殊鋼 磁気ノイズ抑制パーマロイ箔 強磁界に対応

大同特殊鋼は17日、通信技術・IoT機器の高周波化や、自動車の電動化に伴い発生する電磁波ノイズの抑制効果を有したパーマロイ箔「STARPAS」のラインアップに、強磁界下で優れた特性を発揮する「STARPAS―DF42N」を新たに追加し、1月から販売を開始したと発表した。今後、成長が見込まれるパワーエレクトロニクスなどへの用途拡大を図り、5年後をめどにSTARPAS全体で10億円程度の売り上げを目指していく。19日から21日まで東京ビッグサイトで開催されるネプコンジャパンに出展し、広くPRしていく。

おすすめ記事(一部広告含む)