2022年2月4日

光陽商会、ファイバー機導入 20段パレット交換機も

鋼材加工販売の光陽商会(本社=岡山市、宮本和朋社長)は1月、三菱電機製のファイバーレーザー加工機1基と、関西以西では初となる特注の20段パレットチェンジャーを導入した。老朽化したCO2レーザーのリプレースで、切断速度が20―50%向上する。グループ会社の宮本鋼機(広島県尾道市、同社長)と合わせ、グループの月産加工量を100トン増やし、700トンを目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)