2022年2月16日

全国CC出荷3年ぶり増 21年1457万トン、下期は失速

全国コイルセンター工業組合(理事長=小河通治・小河商店社長)がまとめた流通調査結果によると、2021年のコイルセンター出荷量は前年比6・1%増の1456万5195トンとなり、3年ぶりに増加した。製造業を中心に需要が急回復した上半期に大幅に増えたが、下半期は半導体不足や新型コロナウイルス「オミクロン株」の感染拡大に伴う需要家の減産が響き、前年同期を下回った。
おすすめ記事(一部広告含む)