2022年2月22日

日タイ鉄鋼対話 熱延ADの問題点指摘 強制規格QRコード運用改善求める

 日本とタイの官民の鉄鋼関係者は18日、ウェブ形式で第19回日タイ鉄鋼対話を開き、市場環境などについて意見交換した。日本側からはタイの強制規格のQRコード添付の運用改善を求めたほか、18年と長期化する熱延鋼板アンチダンピング(AD)の問題点を指摘した。タイ側からは協力事業の拡大が要請され、日本鉄鋼連盟で対応を検討する。深刻な問題なく良好な関係が続いており、双方ともに対話の意義を確認、次回は東京で開く。
おすすめ記事(一部広告含む)