2022年3月4日

関東地区 平鋼市況5000円上昇へ

関東地区の平鋼、角鋼相場が上伸基調に転じ、上含む見通しとなってきた。平鋼流通大手はメーカーサイドの継続的な値上げを受けて売り腰を強めており、平鋼、角鋼でトン当たり5000円レベルアップする。平鋼はベースサイズ当たりトン13万円、角鋼が同15万5000円どころ中心で、メーカー値上げを受けた流通段階の価格転嫁は末端までの完全浸透には至っていない。メーカーサイドでは昨年11月契約、12月契約と段階的に値上げを実施しており、流通サイドでも採算確保のため、帳破明けまでの浸透を目指し、積み残し分の販価是正を図る。

おすすめ記事(一部広告含む)