2022年3月8日

原料炭市況が最高値更新 ロシア炭供給途絶懸念で

 ウクライナ情勢を受けて、原料炭市況が大きく上がった。業界関係者によると、豪州強粘結炭のスポット価格はFOBトン560ドル(6万4300円)と最高値を更新した。1週間で約100ドル値上がりした。最高値圏で推移していたが、欧米などの経済制裁でロシア炭の国際市場への供給が止まる懸念が広がり、元々タイトなスポット市場を押し上げた。サイクロン多発時期で供給に制約がある中、ロシア炭の状況次第で異例の高値が続く可能性もある。

おすすめ記事(一部広告含む)