2022年3月15日

関東地区 異形棒市況11万円の攻防 鉄スクラップ高が強気材料に

 関東地区の異形棒鋼の商談は商社とゼネコンとの間でトン11万円に向けた攻防に移りそうだ。鉄スクラップ価格が急騰したことで一部メーカーが販売価格を11万円に上げ、商社が唱えを上げる構えを見せている。建築物件が少ない中で2月に続く急速な値上がりにゼネコン側の抵抗は強く、売買は停滞したままだが、ウクライナ情勢を背景に強含む鉄スクラップ価格が棒鋼市況を押し上げる構図が続き、市況のステージは足元のベース10万3000円から大きく上がる見込みだ。

おすすめ記事(一部広告含む)