2022年4月11日

セイケイ 21年度プレスコラム生産量15%増7.7万トン

 プレスコラム製造最大手のセイケイ(本社=栃木県佐野市、宮嶋良和社長)は、2021年度のプレスコラム生産量が7万7000トンと前年度比15%増加した。首都圏の再開発、物流施設、データセンターの建設などが旺盛となる中で、大型鋼構造物の柱となるプレスコラムのニーズに対応するべく生産を伸ばした。「22年度は8万トンを超える最高水準の生産レベルに引き上げ、旺盛な需要に対応してきたい」(宮嶋社長)としている。

おすすめ記事(一部広告含む)