2022年5月2日

Ni系ステンレス冷薄市況、今夏にも最高値70万円

ニッケル系ステンレス冷延薄板市況は今夏にもトン当たり70万円に達する可能性が出てきた。原料高を背景にメーカー各社が大幅な値上げに動く中、流通は販売価格への転嫁を急ぐ。足元のSUS304ベースサイズ(2ミリ、2B)の市中相場は同52万―53万円どころだが、足元では10万円前後転嫁できていないほか、「メーカーが5月以降も同10万円近い値上げを計画している」(流通筋)として、流通は20万円の値上げを進めたい考えを示す。市況は最高値だった2007年7月の同65万円を上回ることとなりそうだ。





おすすめ記事(一部広告含む)